いつぞや浴衣を一から作ってみたときの意味。

在宅に頂きものの反物があったこともあり、自分で一から浴衣を縫ってみることにしました。それまで裁縫見聞はたまさか、それでもわずか身に付けて置きたかったのでちょうどいいかな、と憧れ挑戦することにしました。専門店で必要なものを揃えて、和裁の文献も買いました。
最初のイメージは、ただ切って正確に縫えばいいんじゃないかという周辺でした。ところがやってみるとかなり詳しい採寸やキャパシティーが必要で、結構駆け出しとしてはバリアのおっきい事だと直ちにわかりました。買った和裁の文献は些か駆け出しにはむずかしい位で、細かいところが分かりにくくて大いに手数をしました。書屋で他の文献も参考にしたものの、お互い幾分縫いほうが違うのでなるたけ秘める文献の施術にあわせました。
一月ほどかかってやっと完成させたときは非常に嬉しかったです。それでも「もうちょっとここを付け足したかった」という要素が多いので、昔洗い浚いやり直してみたいです。脱毛ラボ 鼻下