確率という神様の気まぐれによる不運がゲームで発生

近頃のオンラインゲームは非課金でも出来ますが、課金した方が圧倒的に快適に楽しめます。定額で確実に当たるものもあるのですが、アタリハズレがあるガチャという手段もあります。何年か前までは確率表記などまったくないゲームもありましたが、今では大抵のゲームはアイテムのレア度に対応した確率がちゃんと記載されています。狂ったようにじゃぶじゃぶと課金していた時代が嘘のようです。しかし、当たらないときは連続して延々とハズレを引き続けることになります。確率0.05パーセント、つまり200分の1ならば200回連続で外す確率は約36.7パーセント、3人に1人の割合ですからそんなに珍しくもない運の悪さです。しかし、これが400回連続とか600回連続となると、統計学上は発生しうる事例であっても我が身にそれが降りかかった日にはちょっと抽選方法とかを疑いたくもなります。そんな電子情報でしかない代物に金をかけるなと言われそうですが、数時間前の自分に話しかけられるならば私自身が説得にあたっていることでしょう。外れた後でとやかく言うなど格好悪いにもほどがありますが、愚痴をこぼしたくなる事も人生にはあるのです。キレイモ 値段