今日の朝ご飯は、明太子ご飯、豆腐とわかめの卵スープでした。娘は明太子食べられないので、鮭おにぎりをあげたら、息子も食べたいと。
結局息子が一番たくさん食べてました。笑
お昼ご飯はパン屋さんで買ったパンです。ベーコンチーズパン、テリマヨコーンピザ、チーズフランス、サツマイモデニッシュ、レーズンクリームパンをみんなで分けて食べました。
ここでも息子、食べまくってました。
君の胃袋はどうなってるんだい?笑
それとピルクルも飲みました。
夜ご飯は、オムライス、チキンナゲット、フライドポテトです。
オーロラソース、明太マヨソース、ケチャップの三種類のソースでポテトを食べました。大きい新じゃが2つ揚げたら、多すぎてお腹パンパン。食べすぎた娘はその後すぐ眠くなりました。笑
旦那は全く違うメニューで、豚キムチ、蓮根のきんぴら、中華スープでした。
今日は息子がお昼に帰ってきたので、午前中の間にほぼ夕飯の準備をしておきました。おかげでお昼からはゆっくり子供達の相手ができました。http://www.antiquetelescopesociety.com/

日本には昔から日本独自に育まれた色彩感覚があります。平安時代には女性が着物の色を規則的に重ね合わせることで季節を表現していましたし、身分によって使ってはいけない色までありました。そして、何より日本には微妙な色の違いを表現する言葉が今でも息づいています。例えば、同じ緑色でも萌葱・浅黄・青緑と様々な言葉があるのです。そんな中、最も神秘的な日本の色と言われるのが「秘色(ひそく)」です。冬の寒さを表現したかのような灰色っぽい青色は、中国陶磁器の代表格である青磁の最高級品の色合いとされています。美術館巡りが好きな人であれば、「あの色か」とピンと来る人は多いと思います。おそらく青磁を初めて見た時にその神秘的な色合いが印象に残り、神秘的な色=秘色と名付けられたのではないでしょうか?このように日本独自の色合いを表現する言葉を知り、その由来を考えていくと日本文化の奥深さを感じます。日本独自の文化を丁寧に守っていきたいと思います。海宝の力 効果なし