小泉元総理の息子進次郎氏は地方へ選挙応援に行けば党内一の人気らしいのですがそちらで大人気だからといって、
総裁選挙に出て勝てるのかと言えばそれは全く関係ない話です。
なぜなら自民党総裁は一般人による投票では決まらず自民党員及び国会議員の選挙によって決まるものなのだからです。
ですから今彼は単なる人寄せパンダとして人気を博しているに過ぎないのであり、誰かの選挙のサポート要員として後々のために恩を売って回ってるだけとも言えるでしょう。
彼がこれから総裁を目指すのであれば党内で派閥を作りいろいろ多数派工作をしていかなければならないと思いますがそれは無理な感じがします。
なぜなら父親も人気者でしたが自分の派閥の領袖ではなく森派の一員だったからです。
ですから進次郎氏が総理を目指すとしても同じようなパターンになるとスムーズにいきそうです。
そしてその時所属している派閥が進次郎氏を派閥を上げて総理候補に推薦してくれるかにかかっています。
ただ今のところ同世代にライバルは皆無のように思えるので20年後くらいには総理になっている可能性は十分あると思います。http://www.apmas2012.org/